加齢黄斑変性
診療案内
眼科一般 白内障 緑内障 花粉症 ドライアイ 糖尿病網膜症 ぶどう膜炎 加齢黄斑変性 眼と全身疾患の関係 コンタクトレンズ 診療案内
紹介先医療機関 携帯サイトはこちらから 患者の気持ち

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性症は、網膜の中心窩にある黄斑部が老化により機能が低下するために起こります。ものがゆがみ、中心部がぼやけてしまい、視力が低下します。両方の目で見ると、あまり気にならないことがあるので、必ず片目ずつで確かめます。

50歳を過ぎた頃から見られ、 高齢になるほど多くなる病気です。
「視力が良かったのに突然発病した」という気づく例が多くみられ、女性よりも男性の発症率が多いといわれています。

また、 新しい血管(脈絡膜新生血管)ができることがあり、滲出型というタイプに進行する症例があります、この新しい血管はもろいため、 血管からの漏出が多く、網膜の機能を低下させます。 また、出血を繰り返すことで視力が急激に下がり、 放置しておくと視力を失うことがあります。

主な症状

・視界がゆがむ  ・視力が低下する  ・視野が部分的に見え辛くなる
・周りは正常に見えるが、見ようとするもの(中心部)が見えない

クリニック概要

安藤アイクリニック
診療科目眼科
電話番号 03-5429-0505
住所
〒157-0071
世田谷区千歳台2-14-7 千歳クリニックモール3F
アクセス
最寄駅:
小田急線 『 祖師谷大蔵駅 』北口徒歩12分
バス停:
祖師谷通り沿い、『 祖師谷五丁目南 』バス停前
※バスでお越しの場合は「祖師谷・成城循環ミニバス」が便利です
小田急バス「塚戸小学校前」バス停下車徒歩5分
駐車場有り(サミットと共有駐車場)